Monthly Archives: March 2013

バランス悪くても、直視すべき現実

エチオピア滞在中、不定期に在エチオピア日本人のために開かれる、「サロン・デ・アジス」が偶然にも開かれ、参加させて頂きました。そのゲスト・スピーカーには、Table for Two (http://www.tablefor2.org/)の小暮真久さんがいらしていました。

10億人の肥満、10億人の飢餓に苦しむ人々がいる世界の現状の中、カロリー・バランスを考えたおいしいメニューを選ぶと、その節約できたカロリー(=コスト)を、テーブルの向こう側にいる飢餓に苦しむ人に分けて、共にハッピーな食卓を囲むというコンセプトのTable for Two。日本で初めて講演を聞いてから、イギリス・エチオピアと、それぞれ社会背景が異なる場所で小暮さんとお会いしましたが、同じ話でも聞く場所によって、自分が考えること・感じることが違うことに一番驚きました。

エチオピアは、節約されたカロリーが、子供たちの給食へと変身し、このプロジェクトの恩恵に授かる対象となっていますが、実際にその国にいながら活動内容を聞くと、カロリーを節約した(=日本)との関係がアンバランスのように思えて、違和感を感じたりしました。また、エチオピアの中でも緑豊かな地域は存在し、決して日々が飢餓との戦いではないため、そのイメージばかりが発信されてしまったら、またイメージの悪循環を生みだしてしまうのでは、とも思いました。サロンに参加されていた現地のJICA職員などと、このジレンマについてしばらく議論が続きました。

「私が我慢したカロリーを、あなたに与えてあげましょう」という見方をしてしまうと、どうも不自然な気分になってしまう。但し、未だに満足に食べられない子供たちがいるのは現実で、地球全体から見て、アンバランスな関係が存在するのも現実。だから、それを無理に否定しようとするのは、むしろ私が綺麗事を言っているに過ぎないのかもしれないと、その場を去ってから思いました。

Table For Two の素晴らしいところは、皆無に等しかった日本での寄付文化を、社員の健康管理の重要性に合わせ、多くの社員食堂への導入に成功し、また、少なからずアフリカに目を向くきっかけ作りが出来たことだと思います。また、アンバランスな関係への葛藤は、恐らく私以上にTFT当事者は感じており、そのためエチオピア国内で現地カフェ(Lime Tree Cafe)と提携し、そこでTFT食を提供するという一つの画期的な解決策を試みているのも素晴らしい。だから、アンバランスな関係への葛藤は続きつつも、Table for Two の活動を、これからも応援したいと思っています。そして、いつの日にか、そのアンバランスがなくなり、本当の意味で共に対等でハッピーに食卓を囲める様、何かしらの貢献をができればと思います。

「援助」の現状に納得できず、そして本業のビジネスを通して社会に還元している企業をケニアで目の当たりにして、私は民間の力を借りる選択をしました。特別な努力をしなくても、「当たり前」な行動として、社会に関わる企業・行政・一般市民全てが、長期的に持続可能な成長が得られる活動を促せれば、と思って。しかし、援助においても、民間においても、完璧な行動なんてない。なので、今、目の前にある現状の中で出来ることを自覚しつつも、現状に納得せず、葛藤を続けつつ、ちょっとずつ歩んでいくことが、私たち一人一人のやるべきことかな、と、エチオピアから戻って、改まった気持ちです。