Category Archives: Sustainability

2020年は薬剤耐性問題への投資家行動元年

<2020年:薬剤耐性問題への投資家行動元年>

 各国の若者を中心に起きていた気候変動に対する運動、Extinction Rebellionと同等な動きが薬剤耐性(Anti-microbial Resistance – AMR)課題においても必要だ。昨年、当時イングランドの最高医療責任者だったSally Davies氏は、政府関係者としては異例な呼びかけを行った。

 Davies氏は現在、英国におけるAMR特使に任命されており、2020年をAMRに関する投資家行動元年として、活動を立ち上げた

欧州委員会では、このAMR課題によるヘルスケア業界への負担は15億米国ドル相当と概算している。また、世銀は2016年時点で既に2008年の金融危機よりも大きな経済的ダメージを与え得る課題として、2050年までに世界のGDPの3.8%をも減少させるものと概算している。

 こうした状況にDavies氏と同様の危機感を持った団体や投資家による活動が、少しずつだが活発化している。

途上国での公平な製薬へのアクセスを促すことで知られるAccess to Medicine財団は、今年初めて製薬会社におけるAMRベンチマークの実施とレポートの発行を行っている

 また、兼ねてより畜産業での集約型農業がもたらすリスクに投資家と共に警鐘を鳴らしてきたFAIRRは、昨年9月にColler-FAIRR Indexを公表している。

つづきはこちら:

https://www.responsible-investor.com/articles/arisa-kishigami-7

ブルー(海洋)エコノミーの恵みと闇との付き合い方

2019年1月20日、Responsible Investorとクレディ・スイス社が協力して実施した、ブルー・エコノミーのリスクと機会に関する投資家の意識調査とそれを取り巻く実態の報告書が開示された(以下IBE)。

世界の海洋資産は、GDP比で世界7番目の経済大国に匹敵する24兆米国ドルの価値があると概算されている。約2.5兆米国ドルの直接的な経済効果をもたらし、直接・間接的なものを合わせると世界の10~12%の雇用に関連しているとされている。魚介類の消費額は2016年時点で3,620億米国ドル相当に匹敵し、これは次ぐ鶏肉の1,820億米国ドルを大きく上回るものであり、その消費量は鶏肉の30%増、牛肉の2倍と概算されている。

海洋から受けている恩恵はそれだけではない。地球規模での対策が急務とされている気候変動だが、現時点では人為的な活動によって増加している二酸化炭素による温室効果の93%を海が吸収してくれている。特に塩性湿地に存在するマングローブの森においては、陸上の森に比べて4倍の二酸化炭素を貯蔵する機能があり、かつ40倍の速度で吸収可能だと言う。

これだけ見れば、夏休みの海水浴や花火大会を楽しむ場としてだけではなく、海とそれを取り巻く活動が、私たちの地球環境、経済活動、雇用、食生活など、日々意識している以上に多大なる貢献をしていることが伝わるだろう。

しかし、これらの経済効果と地球環境への貢献は、「健全なる海洋資源の扱い」が行われることが大前提としてある。第1回目のコラムで取り上げた海洋プラスチックなど廃棄物の大量流出による深刻な汚染、魚介類の乱獲、深海でのガス・石油の探索・採掘による汚染、これらの影響による観光資源の減少、不透明で劣悪な海上での雇用環境・現代奴隷・人身売買など、海上の不都合な真実がこの資産と共に存在しているのも事実である。(これらの不都合な真実の詳細は、The Ocean Outlawをご参照頂きたい。

続きはこちら:

https://www.responsible-investor.com/articles/arisa-kishigami-column6

Photo by Jonny Swales

ひと月の記事から読み解くESGトレンド2019

たとえESGやサステナビリティの専属担当者であったとしても、日々の業務とのバランスの中、毎日欠かさずに情報を読み解くことが難しい時もあるだろう。実際、私もこれまで十数年の間、度々その一人となってきた。

2019年最後となる今回のコラムでは、そんな方のために、Responsible Investorが11月に掲載した約80の記事全てから見た、過去一ヶ月、そして2019年の傾向を紹介しています。

どの企業のサプライチェーンにも必ず存在する奴隷問題、 肥満対策としての飲食品ラベル、 気候変動対策に関する中央銀行の役割など、 現実社会の課題と、それに取り組む企業・金融・規制当局の是非などをカバーしています。

詳しくは以下のリンクでご確認ください:

https://www.responsible-investor.com/articles/arisa-kishigami-column5

ピンチをチャンスに:なぜ今日から気候変動に取り組むべきか

第4回目となるRIコラム投稿です:

「昨今の日本でのESGを考慮した投資家の投資行動が原因で、今までにない株価の動きがみられる。」「(一方、)気候変動は数百年後に起きるかどうかも分からない事象なので、扱いが難しい。」

昨年、ある取材を受ける中、取材者にこのように言われ、内心苦笑した。多くの水害を引き起こした西日本台風が訪れた直後だったので尚更だ。

「ESG投資」という中には気候変動も含まれているはずだが、ESGを構成する実態のある個別要素ではなく、今この瞬間の数字として表れる情報のみを信じることに慣れてしまっている、或いはそれが役割だと信じているために出てくる発言だろう。これは一例に過ぎないが、運用、証券、企業IR、銀行、年金基金、経済記者など、金融に関わる全ての人々が直面している現実のジレンマの表れだろう。

しかし、今この瞬間に株価に反映されていないから、複雑で分かりづらいから、という理由で気候変動を軽視して良いのだろうか。

続きはこちら↓ ↓ ↓

https://www.responsible-investor.com/home/article/arisa_kishigami_column4/

アマゾンの原生林伐採問題から思考するESG投資の役割

世界が必要とする酸素の10~20%の供給に貢献しているとされているブラジルのアマゾン林が、大規模な火災によって急速に破壊されていることは、各種メディア媒体から既に耳にしている人も多いだろう。

世界のESG投資の動きを代表するPRI(責任投資原則)ではこの問題を受けて、機関投資家の声を代表する共同声明文をドラフトし、賛同機関を募った。

アマゾン林と共存しながら、現地の営みを支えるようなビジネス・チャンスはあるのか。「サステナブル移行」を謳った新たな資金調達を行った企業が、その目標通りの行動を取っているのか。今回焦点があたっているブラジルのアマゾン林以外にも、似たような現状、改善に寄与できる投資行動はあるのか。

一カ国でも、一企業でも、一投資家にも収まらない一つのESG課題への思考を、良ければ下記を読みながらご一緒ください。

https://www.responsible-investor.com/home/article/arisa_kishigami_column3/

Personal thoughts on the “Third Way”

“Third Way”, is the title of a recent publication by Eriko Yamaguchi, Founder, Chief Designer, and CEO of MOTHERHOUSE.

For most of you living outside of Japan/Asia, you may know the big multi-national brands such as “Toyota”, but you probably wouldn’t have heard of the brand, “Motherhouse”.

And when you do, you may think it’s a baby/maternity clothes brand, or a charity, perhaps linked to Mother Theresa.

However, it is neither.

It is a completely for-profit company which sources from 6 Asian countries, with 38 directly operated stores and 600 employees across 9 countries, and growing strong.

Yet you would be forgiven for mistaking it for a charity, because the founder, Eriko Yamaguchi, did indeed go to Bangladesh initially, after searching for the “poorest country in Asia”.

But instead of creating a charity, Eriko believed in the power of business, and the potential in the jute fabric, which, at that time in 2006, was seen as little more than cheap strong fabric useful for making big coffee sacks. So she convinced a local factory to make 160 Jute bags which she brought back to Japan in her “hand luggage”, with no idea of how to sell these other than that she would.

13 years on, Motherhouse is now in the midst of building a new factory in Bangladesh which will house up to 1,000 employees. It has worked to find the “best of the country” products in each country they have expanded, which now includes jute and leather goods from Bangladesh, jewelry from Indonesia, Myanmar and Indonesia, silk scarves from Nepal, and fine cotton garments from India for their new brand, “e.”.

Too often, the reason for expanding into emerging markets has been for two main reasons. One, to exploit the rich natural resources they have, or two, to exploit the cheap labour.

Motherhouse’s vision is to “create a globally acceptable brand” that is delivered directly from “developing markets”.

What makes them unique is the fact that whilst most companies may choose to outsource the factory work, or do the value-adding in Japan, at Motherhouse the local fabrics/materials are turned into end products by local craft workers, in company-owned local factories, managed and QC-ed by local management in each of the respective countries.

It is Eriko, the Chief designer and CEO, who does the travelling, and spends up to half of the year within these countries and designs each of the products with her craft workers locally.

Maybe we should call it a “fair trade” company as it has the producers at the heart of their business.

Maybe we should call Eriko a “social entrepreneur”, for the value adding production she has been leading in a number of the poorest countries in Asia.

But what I see really, is what any company should be doing as part of normal good business – creating quality products for consumers that the employees from design, to production, to promotion to sales, and management are all proud about.

Is it a perfect company? I’m sure it isn’t. And Eriko openly shares some of her struggles and mistakes in her new book, as well as in her routine updates.

But whether you are a company trying to go beyond on-the-surface “CSR”activities, or an (ESG) investor struggling to see how to engage with such companies in a meaningful way, or just an individual frustrated in the bipolarised movements across the world now, Eriko’s new book “Third Way” may give you some food for thought.

Hmm… But since the book is only available in Japanese for now, let me give you a little hint, which seems so simple and obvious, but hear me out.

Social purpose or Business? Design or Management? For the individual or for the organisation? Mass production or individual craftsmanship? Global or local?

These are the potentially polarised concepts Eriko tackles in her book. Instead of choosing one against the other, she talks of finding a way to get the most out of both sides – the third way.

Yes, it sounds simple. And the “third way” concept may be more common outside of Japan. But putting it into practice may be another thing, which Eriko explains very nicely in the book, or even better in her own words when you get the opportunity to hear from her directly.

What left the biggest impression on me was her talk at the recent Thanks Event for Motherhouse customers. Yes, there can be tensions within or between the regions where Motherhouse produces or operates. Yet within Motherhouse, they are healthy rivals in the production lines, but also part of one big family that unite in front of their global customers.

Sounds idealistic? Yes, but an ideal that I wouldn’t mind supporting.

If you are intrigued by their brand or their book, do venture onto their website, or visit their stores to decide for yourself. Perhaps its time to look for alternative brands springing out from Japan, which brings with it many other voices from the region.

https://www.mother-house.jp/

Note: the link above is to their Japanese site which has more information, but you can then go to “en” link above for some information in English.

動物愛護ではない、人と環境のためのアニマル・ウェルフェア

第2回目となるRI コラム投稿です:

「アニマル・ウェルフェア」と聞いて、第一に連想するものは何か。

RI記事 ‘How can investors accelerate company action on farm animal welfare?’ において、今年2月に公表された第7回アニマル・ウェルフェアに関する企業のグローバル・ベンチマーク、 Business Benchmark on Farm Animal Welfare (BBFAW)の結果が公表された。

それによると、ビジネス戦略の中枢にアニマル・ウェルフェアを掲げている企業数は2012年比で3倍に増加しており、対象企業のうち43%において役員や管理職レベルでアニマル・ウェルフェアへの明確な監督責任があるなど、進歩が確認されている。

しかし、レポートの中身を更に読んで行くと、調査対象となった日本企業5社が、いずれも最も低い評価段階にあることが確認される。

果たしてこの状況は気に留めるべきものであろうか。

続きはこちら

個人から投資まで: 加速するプラスチック課題への認識と取組み

【Responsible Investor という、責任投資、サステナブル投資を専門としたメディア媒体において、日本語でのコラム発信を開始いたしました。第一号記事の全文転載を許して頂いたので、以下に記載します。】

RIサイトでの掲載はこちら:
https://www.responsible-investor.com/home/article/arisa_kishigami_column1/

David Attenborough氏が率いた英BBCのドキュメンタリーシリーズ「Blue Planet II」等によって、これまでも燻っていたプラスチックがもたらす負の影響への認識が、急速に世界へ広がった。

2018年7月に発表された、カルフォリニア大学のRoland Geyer博士のレポートによると、83億トン分と概算されるプラスチック商品の総生産量のうち、79%が埋立地、または自然界に流入しているとされている。

BBCでは、プラスチック問題に関する様々な統計記事だけでなく、一人の一歩から始められる、様々な使い捨てプラスチック(Single Use Plastic)削減のアイディアを募集し特設ページで公開している。この個々人の声は流れをつくり、政府、企業、金融機関や援助機関等、様々な所で取組が始まっている。

欧州委員会では、プラスチックによる海洋汚染を軽減すべく、Single-Use Plastics Directiveを2019年5月21日に発表した。その内容の一つとして、欧州の海岸線に最も多く発見され、代用品が存在する綿棒の軸やストロー、ポリスチレン製のコップや容器など、使い捨てプラスチック製品の禁止項目が具体的に掲げられている。「一つ一つの製品は小さいが、この使い捨てプラスチックに関する法案によって、2030年までに220億ユーロの費用がかかるとされる環境破壊を防ぐことが出来る」と、環境、海事、漁業担当の欧州委員、Karmenu Vella氏は発表に際して述べている。

金融の立場を利用した取組みも出始めてきている。
モルガン・スタンレーのInstitute for Sustainable Investing では、2030年までに最低でも5,000万トンのプラスチックごみを減らす目標を掲げた。Head of Sustainability Researchを務めるJessica Alsford氏は、最も影響を受ける業種としてプラスチックを生成する石油化学関連会社、および消費者商品の包装・梱包を行う業種を挙げ、「Morgan Stanley Plastic Waste Resolution」の一貫として、こうした企業にダイベストメントではなく、リサイクル技術の向上等に関するエンゲージメントを行っていくという。

一方、Circulate Capitalという、南アジア・東南アジアでの海洋プラスチック問題の解決に特化した運用会社では、米国の援助機関であるUSAIDと連携し、最大3,500万米国ドルの融資保証を行うことを2019年6月5日に発表した。

世界の約7割のプラスチック廃棄物の輸出先となっていた中国は、2017年末に全面的に受け入れを禁止した。先月日本で開かれたG20では、2050年までにプラスチックごみの海洋流出をゼロにする目標の合意が得られた。

日本は直接的な海洋への流出量は少ないかもしれないが、プラスチックごみの輸出国としては世界1,2位を争うレベルであり、その輸出先の多くは東南アジア諸国である。日本においても、夫々の立場で、個人、企業、投資家、政府機関としての様々な取り組みが今後紹介されることに期待したい。

<参考にしたRI英文記事>
As plastic waste shoots up the political agenda, Morgan Stanley commits to 50m tonne target: How one leading investment institution is taking on the challenge
by Vibeka Mair | May 28th, 2019

The latest responsible funds and bonds news
by Khalid Azizuddin | June 14th, 2019

たまに牛肉に代わる良い食材、教えてくれませんか?

スェーデンのGreta Thunbergさんをきっかけに世界各国の学生たちが、自分たち一人ひとりの将来に危機感を感じ、各国の政治家に訴えるようにデモ活動を実行している。

彼らの言い分としては、「大学で一生懸命学んでも、学んだことが活かせないほどに地球環境が変わってしまったら意味が無い。だから、今大人たちが行動をとってくれるようにデモ活動を行っている」そうだ。

デモ行動は、全ての人が取ろうとする解決策ではないかもしれない。でもこれだけ上も下も動いているのに、何も考えない、しない、で良いのだろうか。

一個人として出来ることはあるのか?

気候変動にちょっとでも興味を持ったことのある人は、牛肉が一番排出量が多いから避けるべきとか、ベジェタリアンの方が環境に優しいとか、聴くことはあるだろう。

確かに、牛肉は、牛が1頭育つために必要な飼料(=広大な土地での植物)を必要とし、自らガスを発し、そして最悪その飼育場所が原生林を伐採した場合は気候変動的な影響としては非常にマイナス面が多いだろう。

でも、赤肉を食べる場合だけではなく、それは牛乳、チーズと、関連した乳製品にも同じことが言えるため、「お肉」を食べているかどうかが問題ではない。

BBCが利用している調査によると、
例えば、週に1-2回程度以下のものを食べると、、

  • チーズ30グラム = 310キロ石油の燃料で車を走らせ、また8分間のシャワーを272回浴びるのと同じ水の使用量。
  • チキン75グラム、438キロ石油の燃料で車を走らせ、また8分間のシャワーを109回浴びるのと同じ水の使用量。
  • アボカド半分 = 64キロ石油の燃料で車を走らせ、8分間のシャワーを54回浴びるのと同じ水の使用量だそうです。

つまり、赤肉をやめなくとも、週に1回のチーズをアボカドに変えてみるだけでも、環境への個人的なインパクトを減らせるかもしれません。(実際、チーズ好きな私からしたら、一つの行動の選択肢です。)

↑は各食材でグローバル平均を取って計算されたものだが、本当は住んでいる国ごとに、その国での食材がどこから来て、どんな過程で作られているかによってもだいぶ変わってきます。

同じ牛肉でも、ラテン・アメリカで生産された1キロ当たりのインパクトは、その他の地域よりも総じて高い結果になっています。(ちなみにこの研究では排出量と土地使用がアジアは圧倒的に少ないが、水使用は非常に高いことが個人的には気になります。)

また、国によっては、牛肉は国産が多いけれど、ラム肉は輸入が多いとなると、輸送の環境負荷から1キロあたりの悪影響がラム肉の方が大きい、ということにもなり得ます。

ここまで読んで、他の食材との関係が気になった方は、以下のBBCの記事の中にある40食品の計算機を試してみてください。
https://www.bbc.com/news/science-environment-46459714

英国で行われたデモ関連の記事はこちら:
https://www.theguardian.com/…/youth-climate-change-protests…